BACK TO TOP

SPECTRUM Inc.

Marketing Communication / Consulting / Planning / Direction / Sales Promotion / PR / Seminar

クロスメディアを基盤に、「売れる」コミュニケーションをプロデュース。

Linchpin of Effects 効果的なコミュ二ケーション設計 | Engagement Design 「つながり」のあるコミュニケーションデザイン | Scenario of the Story 「買いたくなる」コミュニケーションのシナリオ

■Consulting

ブランディングを始め、マーケティング・コミュニケーションのコンサルティング、及び、トータル・コミュニケーションのプロデュース。

■Planning & Direction

各コミュニケーションプログラム(クロスメディア・キャンペーン、 セールスプロモーション、PR、イベント、BUZZ、コンテンツ制作など)のプランニング、及び、ディレクション。

■Coaching

ワークショップ、セミナーの講師

会社概要

会社:株式会社スペクトラム (英文名:SPECTRUM Inc.)
所在地:〒107-0061 東京都港区北青山2-7-26 フジビル28 2F
TEL:03-5785-6857 FAX:03-5785-6819
設立:2010年2月18日
代表取締役 今井郁代
資本金:500万円
事業内容:マーケティング・コミュニケーションのコンサルティング、広告・販促、企画プランニング/制作ディレクション/広告セミナー講演、及び、広告 宣伝業務に付帯関連する一切の業務
主な取引銀行:三菱東京UFJ銀行 青山通支店

SPECTRUMとは?

スペクトラムの語源は物理学用語で、物質に含まれる様々な要素や強度を整理する分布図のようなもの。 光も整理されると 虹が出現したりする。マーケティング・コミュニケーションも様々な人々とブランドの間で、インサイトやメディアや行動様式など 多くの複雑な要素が存在するものだ。それを目的に合わせて分布させることによって、効果的な美しいカタチのコミュニケー ションにしたい。そんな願いを込めた社名です。

プロフィール

株式会社スペクトラム
代表取締役
マーケティング・コミュニケーション ディレクター
今井 郁代

写真:今井 郁代

経歴

大学卒業後、国内総合広告代理店で営業局AEを経て制作局コピーライター。マス広告から販促ツールまでを担当。 1985年: グローバル広告代理店 J.ウォルター・トンプソン ジャパン(株)に移籍。コピーライターから、SPプランナー/プロ デューサーに転身し、消費者プロモーション、イベント、PRまでブランディング戦略に基づく販促活動を手がける。
2002年: SP局とデジタル局の統合により、従来メディアに加え、WEB/モバイルも含めたトータルコミュニケーション活動に 従事。日本ではまだ珍しかった飲料ブランドのデジタルプロモーションを手がけ、クロスメディアキャンペーンの先駆けとして 新しいビジネス領域を開拓する。 2008年: クロスメディアコミュニケーションを担当するアクティベーション事業部シニアディレクター。事業部のマネージメント、 及び、JWTグローバル部門とのコンタクト、外部企業との提携構築なども実施。新規ビジネス開発、ブランディング戦略に基 づくクロスメディアコミュニケーションの企画開発、及び、数多くのキャンペーンのプロデュースを担当。 2010年: 独立。株式会社スペクトラムを設立。

主なクライアント実績

サントリー(株)、ユニリーバ・ジャパン(株)、ハーゲンダッツ ジャパン(株)、日本ケロッグ(株)、ネスレ コンフェクショナリー (株)、 大塚ベバレッジ(株)、ブラウン・フォーマン ビバレッジス、オルビス(株)、エディーバウアー・ジャパン(株)、 国際羊 毛事務局、ワールド(株)、ベネトン ジャパン(株) 順不同

受賞歴

■Asian Brand Effectiveness Awards 2003/ Silver Medal - Most effective use of sales promotion ■AME (Advertising and Marketing Effectiveness) Awards 2004/ Finalist - Beverages Category ■Promotion Marketing Awards of Asia 2008/ Silver Dragon - Best Digital Communication Campaign ■Promotion Marketing Awards of Asia 2008/ Bronze Dragon - Best Activity Generating Brand Royalty ■第61回電通賞(2008)/ 複合セールスプロモーション部門優秀賞 ■AME (Advertising and Marketing Effectiveness) Awards 2008/ Finalist - Promotion Marketing Category

  • Twitter
  • Blog
  • Blog

効果的なコミュニケーション設計の「かなめ」を果たす

  • マーケティング戦略から生まれるブランドや製品の価値を消費者視線で、効率よく訴求し、広告・PR・販促効果のあるコミュニケーションを構築。
  • さらに、コミュニケーション効果を生むためには、プランニングのステージから対費用効果の予測も重要な要素として位置付けていきます。

点を有機的につなげるコミュニケーションをデザインする。

時間や空間、様々な情報のタッチポイント、そして、人々や時代のインサイトをつなげて、ブランドや製品との価値あるコミュ ニケーションをデザインします。

ブランド(製品)と人をつなぐ5つのポイント

  • 1.情緒的共感と機能的共感を、つなぐ。
  • 2.人と人、個人と仲間を、つなぐ。
  • 3.ブランドと異業種ブランドを、つなぐ。
  • 4.リアルとオンラインメディアを、つなぐ。
  • 5.情報の接点と購買行動を、つなぐ。

人はさまざまなメディアや情報との接点を通過しながら、時間の流れの中で、ブランド(製品)を知り、その魅力を確かめながら、納得して、購入に至ります。マーケティング・コミュニケーションの設計は、1つのラブストーリーを描くのと同じ。 だからこそ、シナリオの視点は購買者。 購買行動に、「? 気づき」と「! なっとく」の仕掛けをいかに組み込むかが腕の見せどころ。

「なに?」と「なるほど!」のシナリオ

Buying Cycle(購買フロー)- NISCAS

かつてAIDMA(Attention, Interest, Desire, Memory, Action)と呼ばれたマーケティングフレームは、WEBメディアの台頭により、AISASなど様々な考え方が生まれました。スペクトラムでは、人のインサイト(深層心理)が関わる感情ポイントを重要視し、NISCAS (Notice, Interest, Search, Conviction, Action, Share)フレームを設定しました。Notice(気づき)とInterest(興味)は時として順番が変わったり、同時に起こることも 想定しています。

価値あるコミュニケーションのシナリオへ

Measurable KPI

投資効果は、可能な限り数値化してプランニング。 クライアントのマーケティング情報と、外部データ、経験値を組み合わせて、数値化したKPIを考えながらコミュニケーションのシナリオをつくります。

KPI Reverse Pyramid (弊社オリジナルツール)

投資効果を考えるために、購買行動と展開プログラムに合わせて、数値を可能な限り可視化。全てのメディアで連携算出。判りやすいデジタルメディアの尺度を基軸に、リアルメディアの尺度を設定します。

弊社では各制作実施にあたって、クォリティの水準を上げ、コストの効率化を図るために、独自の AD. Partners Networkでプログラムを実施。各分野のスペシャリストとタッグを組み、プロジェクトベースでコラボレーションすることでムダな固定費を削減します。